秋葉原小林歯科クリニック

  東京都千代田区神田
     佐久間町1-26

     03-3255-6480

     小林 昭彦

手続き

事故(交通事故、労災事故など)発生後、医科医療機関にて救急医療など受診。

 容体が安定すれば、早期に、交通事故外傷を扱う歯科医療機関へ受診ください。見掛け上問題がなくとも、放置されますと、顎関節、歯周組織(歯肉・骨・歯根膜)、歯牙、すでに装着してあった補綴物の破折などの可能性がありますので、少しでも違和感ご不安のある方は、歯科医療機関へ受診をお勧めいたします。

 医科的な傷害は一切ないが、歯を折ってしまった、歯が抜けてしまったなどの場合は、歯科医療機関への受診が緊急となる場合もあります。この場合は、症状を交通事故・外傷を扱う歯科医療機関に相談していただく必要があります。

 自賠責保険、損害保険、労災保険を使う場合は、基本的には患者さま自らが医療機関の窓口で全額自費にて支払いとなりますが、健康保険で許されている治療は、必ずしも十分な医療とは言えませんので、担当医より詳しい説明を受けて、より品質の高い材料、より天然歯に近い色調形態のものを選択することも選択肢の一つです。

 旧来の治療法に比して、入れ歯の場合の仕事効率の低下についての裁判所判決の趣旨は、健康保険制度は健康で文化的な国民の生活を最低限度守る上で必要であるが、事故による被害者の補償という観点からは、この健康保険制度の枠に限定した医療のみを適応とすることは、本人に落ち度のない事故被害者の救済との観点からすれば、不十分であろう。

 また、担当医の医学的根拠に基づいた複数の治療方法の提示がされ、患者自らが選択する権利を行使できる環境を作る義務が担当医にはある。(TOPページ新聞切り抜き)

ある地方の歯科医の報告によれば、平成の初めのころ自賠責患者の歯科診療を「健康保険の枠でやってください、お願いします」と保険会社の担当者から電話が入り、当時は患者の権利について、不理解であったこの歯科医は、患者に治療方法の選択肢を説明することなく、了解してしまったとのことである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯科審美情報

歯科インプラント情報

研究グループ会員募集

     

Copyright2009交通事故・外傷性歯科疾患研究グループAll right reserved.